赤ちゃんの鼻水、対処するなら吸引機で解決

IMG 8865 e1545797157319 - 赤ちゃんの鼻水、対処するなら吸引機で解決




赤ちゃん鼻水はどうすればいいの?

鼻水を放置したらどうなるの

鼻水は不快です。3歳ぐらいになるまで鼻をかむ動作ができません。

864b9c23900de877a728cad5ba042bd9 300x213 - 赤ちゃんの鼻水、対処するなら吸引機で解決

Myriams-Fotos / Pixabay

見えている鼻水を摘まんでも不快感は取り除けませんよね。

鼻水が取り除けないと喉に垂れて咳を誘発するときもあります。

鼻水が溜まると耳に細菌が移行して中耳炎をおこす可能性もあります。

眼に細菌が移行して目やにになることも。

鼻水は苦しいだけでなく、他の病気になってします危険性もあるのです。

鼻水は放置しないで取り除きましょう。

赤ちゃんの鼻水は吸引機で対処

そこでおすすめなのが携帯用吸引機です。

鼻の入り口に出ている鼻水だけでなく、奥の方から吸い出せます。

これで”すっきり”するし、合併症の予防も出来ますね。

特にお勧めしたいのは携帯用吸引機です。

電池交換式で持ち運びもできます。

携帯式吸引機のメリット

コンセント式の大きいサイズも販売しておりますが私は携帯式の吸引機をおすすめします。理由は2つ

1.       [どこでも持ち運べるから。]

赤ちゃんの鼻水が出るのは寝室に限りません。散歩中のベビーカーの上やリビングのベビーベッドでも鼻水が出ます。

そんな時にコンセント式だと使用するのに手間がかかります。いつでも利用できる携帯式が便利です。

2[清潔に保ちやすい。]

コンセントタイプだと吸引口からホースが1m弱ぐらい伸びています。

パーツを分けて洗浄できますが、こびりついたウイルスや鼻水を流水だけで洗浄できない気がします。

(皆さんどうやって洗っているのだろう。)携帯用ならホースがないのできれいに擦って洗い落とせます。

コンセントタイプの吸引機を止めた理由

実は私はコンセントタイプの吸引機と携帯タイプの吸引機を両方購入しました。

最初は寝室にコンセントタイプを置いていました。

しかし赤ちゃんの眠る位置によってはコンセントタイプの吸引機では届きませんでした。

また吸引機の洗浄が面倒さく感じたので、今では携帯タイプのみになりました。

赤ちゃんが吸引機を怖がる 

吸引を怖がる子供や赤ちゃんももいると思います。

実際長男が赤ちゃんの時、吸引機を近づけると大泣きしていました。

しかし歩ける頃には自ら鼻を差し出すようになりました。

繰り返し使用することで、子供でも効果が実感できるようになったようです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

AKIBIN Jr の名前の由来は、父が昔していた無線のニックネームが『アキビン』だったから。アマチュアカ―レーサーだったり、無線や野球、趣味が多く、しかも極めていました。私の "はまり症" は遺伝です。 youtubeやtwitterも始めてみました。主に日本のアニメ関連のつぶやきをしています。